海外から来た介護士たちへの期待は高まるものの、

現場では寄りそって教えれないことが多いかと思います。

介護では、動作や言葉を真似しながらの勉強が重要です。

ハピトレジャパンは、動画を使って、先輩の介護士から教わるように学べます。

ベトナム・ミャンマー・ フィリピン・ インドネシア・モンゴル

皆さんが、介護士として成長するためのサービスです。

介護現場のコミュニケーション力が身につきます。

文化が異なる国の人には動作だけを教えるのではなく、それを行う意義や意識を学んでもらう必要があります。 また、言語をサポートしながら、介護関連の日本語に慣れてもらいます。

介護は真似して覚えるのが早い

介護は座学で学ぶよりも、動画を真似して覚えたほうが早いです。OJTで教わった知識を、動画で何回も見られるので、しっかり定着します。

パソコン、スマホやタブレットでも、見ることができ、場所や時間を選びません。だから続けることができるのです。

日本の文化・マナーがわかる

日本と海外では、人の接し方や、仕事のスタイルも違います。文化やマナーを知ることは、生活をサポートする介護の仕事では、とても大事です。

ハピトレジャパンでは、内容ごとにチェックテストも受けられます。学習の進捗がわかるから、習熟度合いも管理できます。

日本語と母国語で学習できる

学習動画には、日本語の説明に、各国語のテロップがついています。日本語の学習が同時にできるから、実際の現場に役立てます。

日本語の音はもちろん、言い回しを覚えるのですが、ベトナム、ミャンマー、フィリピン、インドネシア、モンゴル語での母国語テロップがあるから安心です。

いつでもどこでも勉強できて、成長につながります。

母国語で、スマホで、自己チェックしながら!と、外国人介護士が継続的に学べる環境を整えました。

指導者へのアドバイスも重視

教育効果をあげられるように、指導者へのアドバイスも重視しています。

ンライン教育は、現場教育の反復学習です。まずは、現場のしっかりとした指導が大事!指導者への教育サポートも充実しています。


月々2,500円の教育費で、介護の実践と言葉の学習まで

オンラインを使って、1か月たったの2,500円で利用可能!

PC、スマホやタブレットでも見ることができ、場所や時間を選びません。映像でわかりやすく、楽しみながら、しっかり使ってもらえて、続けてもらえます。


5つの国のハピトレをご覧ください。

 

ハピトレジャパンは、海外からきた皆さんが、介護士として成長するためのサービスです。

 

 

5か国語の学びコンテンツがあります

ベトナム

ミャンマー

フィリピン

インドネシア

モンゴル