外国人介護士を理解する

外国人採用については、まだまだ不安が大きいと思います。しかし、タイミングを逃すと、採用が困難になる次期がくると予測されます。タイミングについての考え方を解説します。

面接から入国までに、再度、訪問することをおすすめします。再訪問には、これだけのメリットがあります。

優秀な技能実習生と出会うためには、面接は重要です。日本人と違って、会話ができない応募者から選ばなくてはいけません。

優秀な技能実習生と出会うためには、優れた監理団体と付き合うことが重要です。監理団体の選び方をおさえておきましょう。

ダイバシティ経営の中心人材となりうる外国人介護士ですが、採用するにはメリットとデメリットがあります。課題をしっかりと認識した上で、採用を検討しましょう。

外国人介護士が日本で働くためには、ビザなどの問題があります。まずは、日本で働く方法を理解しましょう。

2025年には、介護職が全国で約34万人が不足すると言われています。この課題を解決するためには「ダイバシティ経営」が不可欠です。まずは「ダイバシティ経営」がどんなものであるのかを理解しましょう。